FC2ブログ

cotton★candy ~deep Sea Inside of Me~

甘くてとけてしまうよな萌ってどこにあるんだろう?毎日は平和だけれど少しだけ退屈で…だから晴れた日には翼を広げてとんでいきたい…萌えのくにへ♪

blogram投票ボタン

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の終わり

ラブ子来る。
1:30-8:00

過去ログ(2006 5 28)
もし、万が一、ロイの心がエドから離れてしまったとして、別れ話を切り出したら、「…そっか、わかった。」って、意外とあっさりエドは快諾してしまうと思う。
ロイが、『え…ああ、あっさりしたもんだな…』とかぼんやり考えてる間にエドは執務室から出て行った。以前あまりに長い間連絡一つ寄越さずに帰って来ないエドに焦れて起こした出来心の火遊びがバレた時に、烈火のごとく執務室に飛び込んで来て、胸ぐらをつかまれ、涙声で告げられた「なんだよ!別れたいのかよ!?……別れてなんかやらねぇからなっ!俺の事、あ、あ、愛してるって言ったのはそっちの方だろ!」という熱烈な告白や、たまに見せる子供らしい笑顔が好きだったなとか、拙いしぐさで自分を好きなのだと伝えてくれた唇の甘さだとか、そういうことが思い出された。
今追いかけて、冗談だと。君を試したのだと告げるのは容易い事だ。エドワードの気持ちが自分に向いている事もわかっていた。承諾の言葉を口にしたエドワードの手が震えていたのを見逃すはずがなかった。
しかしロイはそれをしなかった。

「愛している」という声が、泣いているように聞こえた。心がいつか嘘をつくのを、どこかで知っていたのだ。

君を愛せたあの時の気持ちでいつもいれたら、君を傷つける言葉もこの世にはなかっただろうなあ。
ロイ・マスタングの恋の終わり。
スポンサーサイト

Comment

 

yahooでぺけぺけぺけぽんでヒットした。
なんか、悪いことをしている気分。
  • posted by 相方 
  • URL 
  • 2006.08/21 00:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集100

Cafe clock

BGM

Flashリバーシ

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。